結婚式の受付名簿を作成する際の5つのポイント

会場打ち合わせ以外

この記事では、結婚式の受付に置く受付名簿について作成する際の5つのポイントを紹介します。

名簿上に名前がただ羅列されているだけでは、受付担当者も受付対応時に戸惑ってしまうケースがあります。

出来るだけスムーズな対応をしていただけるよう以下5つのポイントに注意して受付名簿を作成してみて下さい。

スポンサーリンク

名前をあいうえお順に

結婚式受付名簿

受付担当者は新郎新婦の招待客全員を把握しているわけではありません。よって初めて逢う方の名前を一覧から探す必要があります。

受付対応時は時間に拠り、一度に多くの方の対応を行う場面がありますので名簿から名前をスムーズに探せるようにしておきましょう。

具体的には以下3点に配慮して名簿に記載するようにして下さい。

  • 名前をあいうえお順に
  • 辞書のように頭文字欄を設置
  • 名字だけふりがな欄を設置

あいうえお順に並べるだけでなく、辞書のように見出しとして頭文字を記載しておくだけで、非常に探しやすくなります。

さらに苗字が難しい漢字の方がおられる場合もありますので、氏名の前に苗字だけふりがなを入れておくと受付担当者も戸惑う事がありません。

新郎・新婦の招待客は分けて一覧表に

上記のようにあいうえお順で招待客を一覧にする際、新郎側、新婦側のゲストは分けて一覧にするようにして下さい。

披露宴会場の受付では基本的に新郎側と新婦側で招待客の受付を分けるケースがほとんどかと思います。

よって全ての招待客を一覧にするのではなく、新郎側、新婦側でそれぞれあいうえお順に一覧にするようにして下さい。

  • 一覧にする際には新郎側、新婦側の招待客を分けて作成

備考欄に必要情報を

受付では、まず出席者の把握を行う事から親族なのか招待客なのか明確に表現しておきましょう。私達の場合は備考欄に「親族」や「懐妊」の方が分かるように記載していました。

出席者の把握と同時に受付では御礼代や御車代を渡す場合もあります。渡す相手により金額が異なると思いますので、間違えないように用意した1つ1つの御礼代や御車代に付箋で氏名と数字を記載しておくと同時に、名簿にも該当する数字を記載しておきましょう。

  • 出席者情報/お渡しする物が明確になるよう備考欄に記載

まとめ

いかがだったでしょうか。

私達の場合、席次表や芳名帳に比べ、受付名簿は会場打ち合わせでもあまり議論されませんでした。依頼する受付担当者が困らないよう、また御礼代や御車代が間違って渡らないように、上記の方法を参考にしてみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました